市場ニュース

戻る
2015年11月04日11時00分

【決算】淀川製鋼所、今期最終を一転赤字に下方修正

淀川鋼 【日足】
多機能チャートへ
淀川鋼 【日中足】

 淀川鋼 <5451> が11月4日午前(11:00)に決算を発表。16年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結最終損益は51.7億円の赤字(前年同期は18.3億円の黒字)に転落し、従来の13億円の黒字予想から一転赤字で着地。
 併せて、通期の同損益を従来予想の32億円の黒字→35億円の赤字(前期は26.1億円の黒字)に下方修正し、一転して赤字見通しとなった。

 会社側が発表した上期実績と通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結最終利益は前年同期比2.1倍の16.7億円に急拡大する見通しとなった。

 直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結最終損益は57.4億円の赤字(前年同期は5.8億円の黒字)に転落したが、売上営業利益率は前年同期の0.9%→3.9%に大幅改善した。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
  平成27年10月1日公表の「平成28年3月期 第2四半期 投資有価証券評価損に関するお知らせ」および平成27年10月19日公表の「減損損失(連結)および関係会社株式評価損(個別)の計上に関するお知らせ」でご案内のとおり、多額の特別損失を計上することとなりましたので、当期純利益につきましては当初の予想を大きく下回る結果となりました。営業利益につきましては、»続く

【関連記事・情報】

日経平均