市場ニュース

戻る
2015年10月27日15時00分

【決算】神奈川中央交通、上期経常を一転24%増益に上方修正・11期ぶり最高益、通期も増額

神奈交 【日足】
多機能チャートへ
神奈交 【日中足】

 神奈交 <9081> が10月27日大引け後(15:00)に業績修正を発表。16年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益を従来予想の31.5億円→46.1億円(前年同期は37.3億円)に46.3%上方修正し、一転して23.5%増益を見込み、一気に11期ぶりに上期の過去最高益を更新する見通しとなった。
 上期業績の好調に伴い、通期の連結経常利益も従来予想の55.7億円→63.5億円(前期は63.8億円)に14.0%上方修正し、減益率が12.8%減→0.6%減に縮小する見通しとなった。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
  平成28年3月期第2四半期累計期間の連結業績予想につきましては、自動車販売事業における商用車の新車販売が好調に推移したことなどにより、売上高は前回予想を上回る見込みであります。各利益につきましても、売上高の増加に加え、一般旅客自動車運送事業における燃料費の減少や物件費の時期ずれなどにより、前回予想を上回る見込みであります。 また、平成28年3月期第2四半»続く

日経平均