市場ニュース

戻る
2015年10月09日16時00分

【決算】扶桑化学工業、上期経常を38%上方修正・最高益予想を上乗せ、通期も増額

扶桑化学 【日足】
多機能チャートへ
扶桑化学 【日中足】

 扶桑化学 <4368> [JQ] が10月9日大引け後(16:00)に業績修正を発表。16年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益を従来予想の26億円→36億円(前年同期は22.9億円)に38.5%上方修正し、増益率が13.1%増→56.6%増に拡大し、従来の2期連続での上期の過去最高益予想をさらに上乗せした。
 上期業績の好調に伴い、通期の連結経常利益も従来予想の58億円→65億円(前期は55.2億円)に12.1%上方修正し、増益率が5.0%増→17.7%増に拡大し、従来の2期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
 第2四半期累計期間の連結業績につきましては、ライフサイエンス事業においては、梅雨明け以降気温が高めに推移したことによる需要増や、顧客新製品への当社品の採用もあり、主に飲料用途で果実酸全般の販売が増加しました。電子材料および機能性化学品事業においては、主力製品である超高純度コロイダルシリカの出荷が堅調に推移したこと、値上げによる価格改定、一部商品の前倒し出荷»続く

【関連記事・情報】

日経平均