市場ニュース

戻る
2016年03月30日20時00分

【特集】マザーズ“沸騰前夜”、関門突破ならこの銘柄が来る!? <株探トップ特集>

マザーズ指数 <週足> 「株探」多機能チャートより

―ボックス上限1000ポイント到達、往来3年からの上放れに乗る―

 日経平均株価が1万7000円を挟んで足踏み状態にあるなか、東証マザーズ指数の快進撃が続いている。きょうも、終値は前日比7.22ポイント高の1013.07と3日続伸で、1000台固めの動きとなっている。東証1部が手控え姿勢で方向感に欠け、主力株の上値が重くなるなか、市場関係者からは「個人投資家は、外国為替相場や原油価格などの外部要因に左右されることが少なく、値動きも軽い中小型株に物色の矛先を向けている。3月はIPO(新規上場)が22銘柄とラッシュ状態となっているが、それが需給面の重荷にはならず、上場後もセカンダリー市場で人気を持続している銘柄も多い」との見方が出ていた。

●指数はボックス相場の上放れなるか

 2012年12月のアベノミクス相場のスタート以降をふり返ると、マザーズ指数は何度か1000を小幅に上回った場面はあるものの、大きく上放れることはできずに、ほぼ700~1000の範囲での往来相場にとどまる過去3年間の推移となっていた。今回はそのボックス相場を離脱上昇できるかに期待が掛かる。

 マザーズ市場ではこのところ、創薬ベンチャーのそーせいグループ <4565> [東証M]が連日の大商いで継続的に人気を集め、タカラバイオ <4974> [東証M]、グリーンペプタイド <4594> [東証M]、ナノキャリア <4571> [東証M]など、ほかのバイオ関連銘柄にも物色が波及していることも人気を加速させているようだ。そこで、既に人気化しているバイオ関連以外のマザーズ上場のなかから、注目銘柄を紹介する。

●Sワイヤーは、M&Aで事業拡大

 ソーシャルワイヤー <3929> [東証M]は、プレスリリースの配信代行とレンタルオフィスの2つの事業を手掛けている。同社は25日、運営するWEB・新聞・雑誌クリッピングサービスの「@クリッピング(アットクリッピング)」で、新聞・雑誌の調査範囲が25日時点で国内最多の2403メディアに拡張したと発表。これにより利用者獲得が見込まれる。同社の新聞・雑誌クリッピングサービスは、昨年4月1日付で吸収合併したメディア・アイズが運営していたサービス。調査範囲の拡張では、顧客ニーズが強かった「地方紙」「業界紙」「業界誌」「専門誌」を中心に拡張を進めたとしており、これにより合併当初の1800メディアから2403メディアに拡張した。買収によって、翻訳事業にも進出する。

●イントランスは強気の中期計画を評価

 イントランス <3237> [東証M]は、中古ビルを対象とする不動産再生事業を手掛けるが、優れた企画力で業容を拡大している。15年3月期は、東京タワーの近くにあった中古ビルを結婚式場へ生まれ変わらせた「芝公園プロジェクト」を成功させ、過去最高益を達成した。今後は「民泊」分野での活躍が期待される。17年3月期に営業利益20億円(15年3月期実績10億2700万円)を目指す強気の中期計画を推進中。また、同社は8日の取引終了後、連結子会社大多喜ハーブガーデンが、順天堂大学大学院医学研究科病院管理学と業務提携し、ハーブの研究・商品開発などを目的とする産学共同研究を開始したと発表した。

●モルフォは米韓スマホメーカー向け拡大

 モルフォ <3653> [東証M]は、携帯電話用の画像処理ソフト開発のベンチャー企業。同社は2月25日、同社の静止画撮影技術「PhotoSolid」が、韓国サムスン電子のフラグシップスマートフォン「Galaxy S7」、「Galaxy S7 edge」に搭載されたと発表した。16年10月期通期の連結業績は、売上高25億円(前期比22.7%増)、営業利益9億5000万円(同28.0%増)と大幅増収増益を見込む。16年10月期は、主力の手ぶれ補正システムを中心に、米韓のスマートフォン既存顧客向けが順調に拡大する見通しだ。

●セレスはフィンテック関連で脚光

 セレス <3696> [東証M]は、スマートフォン向けのポイントサイトを運営し、金融とITの融合する「フィンテック」関連として注目を集めている。同社は、ビットコインサービスを提供するビットバンク(東京都渋谷区)との間で業務提携を実施している。政府は4日、これまでは「モノ」と見なしてきたビットコインなどの仮想通貨に「貨幣の機能」を持つと認定する法規制案を閣議決定した。資金決済法を改正する方針という。仮想通貨に「貨幣の機能」を認め、取引所を登録制とし監督強化することなどを盛り込んでいる。16年12月期の単体業績は、売上高36億5200万円(前期比15.3%増)、営業利益は5億2000万円(同11.8%増)と過去最高益更新を見込んでいる。


株探ニュース

日経平均