市場ニュース

戻る
2016年01月29日11時42分

【市況】東京株式(前引け)=続落、決定会合の結果待ちで買い手控え

 29日前引けの日経平均株価は前日比88円36銭安の1万6953円09銭と続落。前場の東証1部の売買高概算は10億5960万株、売買代金概算は1兆1407億9000万円。値上がり銘柄数は927、対して値下がり銘柄数は859、変わらずは142銘柄だった。

 きょう前場の東京株式市場は、前日の米国株高や原油市況の反発を受け買い優勢で始まったものの、買い一巡後は上値が重くなり、前場後半はマイナス圏で推移する展開となった。日銀の金融政策決定会合の結果待ちで積極的な買いを入れにくい環境にある。企業の決算発表が本格化するなか、中国の景気減速に伴う収益押し下げ圧力に警戒感も根強い。前引け際に大口の売りが出て下げ幅を広げた。日経平均は1万7000円を割り込んだ水準で着地した。

 個別ではファナック<6954>が大きく売買代金を膨らませ急落、キーエンス<6861>オムロン<6645>、NEC<6701>などの下げも際立つ。さくらインターネット<3778>が大幅安となったほか、伊藤忠テクノソリューションズ<4739>も売り込まれた。半面、サイバーエージェント<4751>がストップ高に買われ、任天堂<7974>も高い。サイバネットシステム<4312>も引き続き物色人気を集めている。モリテックス<7714>が値を飛ばし、アルテック<9972>、小糸製作所<7276>なども大幅上昇した。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均