市場ニュース

戻る
2016年01月27日10時37分

【材料】OSGが底練りから浮上気配、生産能力増強で16年11月期も成長継続

OSG 【日足】
多機能チャートへ
OSG 【日中足】

 OSG<6136>が反発、2000円台近辺で売り物を吸収し、底練りから浮上の気配をみせている。切削工具の大手メーカーで、自動車や航空機業界向けに高水準の需要を取り込んでいる。

 前15年11月期は営業利益段階で24%増益を達成、連続で最高利益を更新したが、16年11月期も生産能力投資の効果発現や欧州での新規開拓をバネに成長トレンドが続く見通し。同じ工具で荒削りから仕上げ削りまでできる専用工具のニーズが拡大していることも利益面で追い風となる。前週20日には、発行済み株数の2%強に相当する上限200万株の自社株買いを発表しており、株主還元姿勢の高さも評価材料となっている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均