市場ニュース

戻る
2016年01月13日14時28分

【材料】欧州大手証券、2016年前半に不動産株は上昇すると予想

野村不HD 【日足】
多機能チャートへ
野村不HD 【日中足】

 クレディ・スイス証券の不動産・J-REITセクターのリポートでは、2016年前半に不動産セクターの対TOPIX株価が上昇する可能性があると考え、短期的な不動産株上昇を予想。J-REITは相対的な投資魅力が低下したと考え、セクター判断を「オーバーウエイト」から「マーケットウエイト」に引き下げて、不動産は「マーケットウエイト」を継続。

 不動産セクターをオーバーウエイトに引き上げない理由として、2017~2018年の金融政策、財政政策に不透明感があることを挙げ、個別では野村不動産ホールディングス<3231>のトップピックと東急不動産ホールディングス<3289>の買い推奨を継続している。
《MK》

株探ニュース

日経平均