市場ニュース

戻る
2016年01月12日14時26分

【材料】欧州大手証券、17年3月期のチタン業界の増益確度は高くなったと解説

大阪チタ 【日足】
多機能チャートへ
大阪チタ 【日中足】

 クレディ・スイス証券のチタンセクターのリポートでは、ファンダメンタルズは明らかに改善に向かい、17年3月期のチタン業界の増益確度は高くなったと指摘。株価と相関性が高い「スポンジ価格とスクラップ価格の差」は着実に改善 (縮小)、大幅に下落した現状株価は買い好機と考え、売上高の約20%を占める電力代が、原油価格の下落に伴う燃料費調整単価下落により大きく値下がりしてきていることも好材料と解説。

 セクター投資判断「オーバーウエイト」と大阪チタニウムテクノロジーズ<5726>のトップピックを継続している。
《MK》

株探ニュース



日経平均