市場ニュース

戻る
2016年01月12日10時15分

【材料】稀元素は全般軟調地合いのなか続伸、東海東京が「アウトパフォーム」継続

稀元素 【日足】
多機能チャートへ
稀元素 【日中足】

 第一稀元素化学工業<4082>が全体軟調相場に抗して買い優勢、前週末に続き上値を指向している。東海東京調査センターが8日付で同社のレーティングを「アウトパフォーム」継続(目標株価7100円)としており、これが株価を後押ししている。

 同調査センターでは、同社の16年3月期第1四半期決算時に続き、第2四半期決算時にも営業利益計画を会社が上方修正したことにより、営業利益が2ケタ増益ペースになったこと、さらに同社主力製品の触媒の利益成長性に加え、ファインセラミックスの増収に伴う利益寄与の確度が増したことを評価している。


出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均