市場ニュース

戻る
2016年01月04日14時14分

【材料】国内調査機関、タケエイ、東洋紡、日本コンクリ、パンチ、大豊工業など低PBR、好業績銘柄に注目

タケエイ 【日足】
多機能チャートへ
タケエイ 【日中足】

 ちばぎんアセットマネジメントでは、郵政グループ上場で個人投資家の株式市場への関心が高まると指摘。2016年はNISAの年間投資上限額が100万円から120万円へ引き上げられることや、4月から1人当たり80万円の枠でジュニアNISAの制度もスタートするため、少額投資が可能な低PBR、好業績銘柄に注目。

 主な低PBR、好業績銘柄として、タケエイ<2151>、東洋紡<3101>、日本コンクリート工業<5269>、パンチ工業<6165>、大豊工業<6470>、三菱UFJリース<8593>、セイノーHD<9076>、ヤマダ電機<9831>を紹介している。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均