市場ニュース

戻る
2015年12月30日14時13分

【材料】国内調査機関、日経平均妥当レンジは1万7750~1万9150円

HOYA 【日足】
多機能チャートへ
HOYA 【日中足】

 TIWでは、株価低迷は実体経済の回復感が極めて弱く、通期の企業業績見通しも緩やかに下方修正されつつあることが効いているように思われると指摘。引き続き、積極的に株価が上昇する材料は見当たらないとみて、日経平均妥当レンジを1万7900~1万9250円から1万7750~1万9150円に引き下げた。

 業績面と株価水準に魅力がある銘柄として、HOYA<7741>、太陽ホールディングス<4626>、ニコン<7731>、クボタ<6326>、シチズンホールディングス<7762>を紹介している。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均