市場ニュース

戻る
2015年12月28日12時00分

【特集】【2016年7大イベント(2)】4月:電力小売全面自由化/再生可能エネルギーなどに注目も


2016年4月より、電気小売業への参入が全面的に自由化される。オフィスや工場などの大口消費者については既に電力小売自由化が実現していたが、4月からは各家庭や商店など小口消費者を含む全ての消費者が、購入する電力会社や料金プランを自由に選択できるようになる。既に報じられているように、電気とガス、電気と携帯電話などの組み合わせによるセット割引や、ポイントサービス、さらには家庭の省エネ診断サービスなどの登場も期待される。自由化に伴って、火力や原発を由来とする電力を購入せず、環境負荷が相対的に低いとみられる再生可能エネルギーの購入にシフトする動きが想定され、電力の付加価値化と低価格化が同時進行するだろう。

■電力小売自由化の関連銘柄
<1407>ウエストHD {太陽光発電を基盤にトータルエネルギー事業へ}
<3167>TOKAIHD {電力小売りで東電と販売代理契約}
<3677>システム情報 {自由化に伴う発送電分離に向けた案件が増加}
<8133>伊藤忠エネクス {ベースロード電源を有し発電から販売まで一貫}
<9517>イーレックス {独立系の特定規模電気事業者}

《SY》

 提供:フィスコ

日経平均