市場ニュース

戻る
2015年11月24日11時57分

【材料】静岡銀行の上期決算ネガティブとのリポート、第一船の破綻とマネックス株の減損で

静岡銀 【日足】
多機能チャートへ
静岡銀 【日中足】

 静岡銀行<8355>が続落、上期の決算内容が市場予想を下回ったとの内容を解説したリポートが国内証券会社からリリースされた。
 SMBC日興証券では「上期決算は、マネックスグループ<8698>株減損に第一中央汽船の破綻が追い打ち」とレポートで紹介している。投資判断は「2」、目標株価1150円を継続としている。同証券のアナリストは静岡銀行の上期決算が市場予想を下回ったのは、マネックス株の減損は織り込まれていたが、第一中央汽船の破綻により与信費用が20億円発生で追い打ちをかけた格好と解説。
 マーケットでは最近、地方銀行株に盛り上がりが欠ける状態。テクニカルでは75日移動平均線をチャートの節目としており、上抜けるまで売買高が増えず様子見されているようだ。
《MK》

株探ニュース



日経平均