市場ニュース

戻る
2015年11月24日09時58分

【材料】大阪チタが続急落、岩井コスモ証券は「B-」に2段階引き下げ

大阪チタ 【日足】
多機能チャートへ
大阪チタ 【日中足】

大阪チタニウムテクノロジーズ<5726>が続急落。株価は一時、前週末に比べ225円(6.9%)安の3060円まで売られた。岩井コスモ証券は20日、同社株の投資判断を「B+」から「B-」に2段階引き下げ、目標株価を従来の3400円から3000円とした。スポンジチタンの在庫調整が終了し、来期は航空機向け販売数量が大きく伸び、工場の稼働率もほぼフル稼働となる見通し。ただし、価格面では需要を上回る供給過剰の状態にあり、機体向けであるスタンダードグレードを中心に価格下落が進む見込み。来期業績も価格下落により「おおむね中期計画(18年3月期に営業利益70億円目標)に沿った回復にとどまる公算が大きい」とみている。中期的にもチタンのコモディティ化による下落に加え「高い株価バリュエーションを可能にしてきたチタンプレミアムがはく落する可能性もある」と予想している。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

最終更新日:2015年11月24日 10時30分

日経平均