市場ニュース

戻る
2015年10月22日13時41分

【材料】ブロンコBが小高い、国内有力処は「買い」継続、ステーキ業態の勝ち組という見方は不変

ブロンコB 【日足】
多機能チャートへ
ブロンコB 【日中足】

 ブロンコビリー<3091>が小高い。後場に前日比9円高の2374円をつけている。いちよし経済研究所は同社のフェアバリューを3350円から3200円へ引き下げている。
 いちよしでは、15年12月期第4四半期(10~12月)で同社は5店舗の新規出店が決定していたものの、2店舗程度出店が16年12月期に期ズレしそうであるとみて、出店経費(人材募集費等も含む)を考慮して15年12月期の販管費比率を55.8%から56.8%へ見直したことから、15年12月期の営業利益見通しを前回見通しに対して下方修正している。ただ、ステーキ業態の勝ち組という見方は変えないとの見解を示し、レーティングは「A」(買い)を継続している。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均