市場ニュース

戻る
2015年08月14日13時18分

【材料】アルプス技研、アウトソーシングなど高い、円安や派遣法改正などが追い風

アルプス技 【日足】
多機能チャートへ
アルプス技 【日中足】

 アルプス技研<4641>が前日比5%超の上昇で2799円まで買われたほか、アウトソーシング<2427>も一時7%を上回る上昇で2640円まで上値を伸ばした。いずれも製造業の技術者派遣や製造請負を主力としており、自動車や電機・精密業界の好調な企業業績や円安を背景とした国内生産回帰の動きがフォローの風となっている。両社とも12月決算だが、いずれも15年12月期は大幅営業増益見通しにある。来期以降は労働者派遣法改正に伴う人材サービス市場の活性化もフォローの風となり、ノウハウで先行する両社にとって業績の拡大要因として期待されている。

アルプス技の株価は13時9分現在2768円(△116円)
アウトソーシングの株価は13時9分現在2571円(△110円)


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均