市場ニュース

戻る
2015年08月07日20時45分

【特集】<特集> 「JPX日経400」入れ替えの影響を読む


―週明け東芝・東電は売り先行?―

日刊株式経済新聞 編集長
冨田康夫

 「JPX日経インデックス400(JPX日経400)」の定期入れ替えが7日の取引終了後に発表された。新規採用は43銘柄、除外は42銘柄だった。市場では、事前に40銘柄前後の入れ替えが予想されていたほか、その内訳も「大まかなところは予想の範囲内」(市場関係者)との見方が出ている。

 今回の入れ替えで注目を集めていたのは、「東芝 <6502> 」と「東電 <9501> 」の2社。不適切会計が発覚した東芝は除外されるか、業績急回復の東電の新規採用があるかが焦点だったが、結果は東芝が除外となり、東電の新規採用はなかった。

 アナリストからは「東電の新規採用はさすがになかった。ただ、市場では新規採用の期待は高まっていただけに、格好の売り材料となる可能性がある」との見方が出ている。また、東芝に関しては「残留との見方もあっただけに意外感がある。機関投資家からはJPX日経400から除外されたことで売りを出す動きがあるかもしれない」と指摘。週明けの株式市場では、東芝・東電はともに売り先行で始まる可能性もある。


コード 【新規採用銘柄】  コード 【除外銘柄】
1802  大林組       1983  東芝プラ
1803  清水建       2002  日清粉G
1821  三井住友建     2131  アコーディア
2121  ミクシィ      2702  マクドナルド
2127  日本M&A     2726  パル
2193  クックパッド    3774  IIJ
2331  ALSOK     4004  昭電工
3254  プレサンス     4045  東合成
3659  ネクソン      4114  日触媒
3880  大王紙       4634  洋インキHD
4005  住友化       4708  もしもしHL
4403  日油        5012  東燃ゼネ
4922  コーセー      5019  出光興産
5333  ガイシ       5020  JX
5406  神戸鋼       5196  鬼怒ゴム
5929  三和HD      5214  日電硝
5932  三協立山      5393  ニチアス
6486  イーグル工     5471  大同特鋼
6701  NEC       5631  日製鋼
6756  日立国際      5938  LIXILグループ
6770  アルプス      5970  ジーテクト
6807  航空電子      6370  栗田工
6961  エンプラス     6417  SANKYO
6995  東海理化      6502  東芝
7287  日精機       6674  GSユアサ
7732  トプコン      7242  KYB
7733  オリンパス     7245  大同メタル
7846  パイロット     7296  FCC
7951  ヤマハ       7451  三菱食品
8035  東エレク      7947  エフピコ
8050  セイコーHD    8051  山善
8174  日ガス       8218  コメリ
8279  ヤオコー      8270  ユニーGHD
8473  SBI       8508  Jトラスト
8595  ジャフコ      8515  アイフル
8630  損保JPNK    8566  リコーリース
8703  カブコム      9086  日立物流
8725  MS&AD     9364  上組
8804  東建物       9766  コナミ
8850  スターツ      9831  ヤマダ電
9044  南海電       9936  王将フード
9101  郵船        9948  アークス
9678  カナモト    

情報提供:日刊株式経済新聞

株探ニュース

日経平均