市場ニュース

戻る
2015年06月11日11時47分

【注目】話題株ピックアップ【昼刊】:神戸物産、東建コーポ、ドンキHD、Drシーラボ

■神戸物産 <3038>  6,100円  +430 円 (+7.6%)  11:30現在  東証1部 上昇率3位
 10日、神戸物産 <3038> が15年10月期の連結経常利益を55億円→72億円(前期は64.2億円)に30.9%上方修正し、一転して12.1%増益を見込み、2期連続で過去最高益を更新する見通しとなったことが買い材料。主力の業務スーパーが好調に推移する中、円安によるデリバティブ評価益の発生や売電収入などが利益を押し上げる。業績上振れに伴い、期末一括配当を50円→80円に増額修正したことも買いに拍車を掛けた。

■東建コーポレーション <1766>  7,210円  +480 円 (+7.1%)  11:30現在  東証1部 上昇率5位
 10日に決算を発表。「今期経常は10%増益、5円増配へ」が好感された。
 東建コーポ <1766> が6月10日大引け後(15:00)に決算を発表。15年4月期の連結経常利益は前の期比7.7%増の102億円になり、16年4月期も前期比10.0%増の113億円に伸びる見通しとなった。5期連続増収になる。
  ⇒⇒東建コーポレーションの詳しい業績推移表を見る

■ドンキHD <7532>  9,760円  +590 円 (+6.4%)  11:30現在  東証1部 上昇率6位
 10日、ドンキHD <7532> が6月30日現在の株主を対象に1→2の株式分割を実施すると発表したことが買い材料。最低投資金額が現在の2分の1に低下することから、株式流動性の向上と投資家層の拡大を期待する買いが向かった。同時に今期配当を36円→40円(前期は36円)に増額修正したこも支援材料

■ドクターシーラボ <4924>  4,050円  -230 円 (-5.4%)  11:30現在  東証1部 下落率4位
 10日に決算を発表。「8-4月期(3Q累計)経常が27%減益で着地・2-4月期も42%減益」が嫌気された。
 Drシーラボ <4924> が6月10日大引け後(15:00)に決算を発表。15年7月期第3四半期累計(14年8月-15年4月)の連結経常利益は前年同期比26.7%減の39.5億円に減り、通期計画の85億円に対する進捗率は46.5%にとどまり、5年平均の69.2%も下回った。
  ⇒⇒ドクターシーラボの詳しい業績推移表を見る

■ディーエムエス <9782>  872円  +150 円 (+20.8%) ストップ高   11:30現在
 DMS <9782> [JQ]が10日、ラクーン <3031> [東証M]が運営する小売店向け仕入れサイト「スーパーデリバリー」の越境EC(電子商取引)となる輸出販売サービス「SD export」に係る物流業務を受託したと発表したことが買い材料。「SD export」は日本企画や日本製の商品を海外の小売店や企業に輸出販売する日本最大級のサイト。スーパーデリバリーを利用するメーカーはサイト上で海外小売店から注文を受けると、専用伝票を貼って日本国内にある同社のロジスティクスセンターに商品を送るだけで、134ヵ国以上の小売店や企業に対して卸販売をすることができる。日本最大級の輸出販売サービスの受託による収益貢献に期待したが買い向かった。同社では今後、国内の通信販売・EC事業者向けに越境EC物流サービスを展開する方針。

■神島化学工業 <4026>  675円  +100 円 (+17.4%) ストップ高買い気配   11:30現在
 10日、神島化 <4026> [東証2] が決算を発表。15年4月期の経常利益(非連結)は前々期比9.4%減の5億6000万円に落ち込んだものの、16年4月期は前期比44.6%増の8億1000万円に拡大する見通しとなったことが買い材料。今期は5月に買収した外装材事業の業績上積みなどで、10.2%の増収を見込む。同時に、8月1日付で単元株数を1000株→100株に変更すると発表。株式流動性の向上と投資家層の拡大を期待する買いも向かった。

■スノーピーク <7816>  11,540円  +1,540 円 (+15.4%)  11:30現在
 10日、スノーピーク <7816> [東証M]が6月30日現在の株主を対象に1→4の株式分割を実施すると発表したことが買い材料。最低投資金額が現在の4分の1に低下することから、株式流動性の向上と投資家層の拡大を期待する買いが向かった。

■綿半ホールディングス <3199>  819円  +19 円 (+2.4%)  11:30現在
 10日、綿半HD <3199> [東証2]が5月度の月次業績を発表。既存店売上高が前年同月比8.8%増と2ヵ月連続で前年実績を上回ったことが買い材料。前月に引き続き日用雑貨などのハウスキーピング部門や加工食品が大きく伸びたほか、好天が続き飲料や園芸用品も好調に推移した。

■MonotaRO <3064>  4,530円  +165 円 (+3.8%)  11:30現在
 10日に発表した「5月の売上高は前年同月比23.9%増」が買い材料。

■ラオックス <8202>  378円  +11 円 (+3.0%)  11:30現在
 10日に発表した「婦人靴のモード・エ・ジャコモを買収」が買い材料。
 7月1日付で婦人靴の販売・製造などを手掛けるモード・エ・ジャコモの全株式を取得し子会社化へ。日本のプレミアム製品の販売を強化。

■ジーエヌアイグループ <2160>  265円  +6 円 (+2.3%)  11:30現在
 10日に発表した「中国でF351の第2相臨床試験を開始」が買い材料。
 肝線維症を対象とした画期的薬剤候補物であるF351について中国で第2相臨床試験を開始した。同社は世界で確立された薬物療法がない肝線維症患者への薬物療法の提供を目指しており、米国でもFDAに対しF351の治験許可申請(IND)を申請すべく準備中。

■アールエイジ <3248>  731円  -75 円 (-9.3%)  11:30現在
 10日に決算を発表。「上期経常が15%減益で着地・2-4月期も38%減益」が嫌気された。
 アールエイジ <3248> [東証M] が6月10日大引け後(15:00)に決算を発表。15年10月期第2四半期累計(14年11月-15年4月)の連結経常利益は前年同期比14.5%減の2.2億円に減ったが、通期計画の4億円に対する進捗率は56.0%となり、5年平均の55.3%とほぼ同水準だった。
  ⇒⇒アールエイジの詳しい業績推移表を見る

■ビットアイル <3811>  487円  -28 円 (-5.4%)  11:30現在  東証1部 下落率3位
 10日に決算を発表。「8-4月期(3Q累計)経常が21%減益で着地・2-4月期も30%減益」が嫌気された。
 ビットアイル <3811> が6月10日大引け後(16:00)に決算を発表。15年7月期第3四半期累計(14年8月-15年4月)の連結経常利益は前年同期比20.9%減の15.9億円に減り、通期計画の23.5億円に対する進捗率は67.7%にとどまり、5年平均の75.5%も下回った。
  ⇒⇒ビットアイルの詳しい業績推移表を見る

■西芝電機 <6591>  214円  +10 円 (+4.9%)  11:30現在
 10日に決算を発表。「今期経常は14%増益へ」が好感された。
 西芝電 <6591> [東証2] が6月10日大引け後(15:00)に決算を発表。15年3月期の連結経常利益は前の期比89.8%増の13億円に拡大し、16年3月期も前期比13.8%増の14.8億円に伸びる見通しとなった。4期連続増益になる。
  ⇒⇒西芝電機の詳しい業績推移表を見る

■メディア工房 <3815>  1,040円  +40 円 (+4.0%)  11:30現在
 10日に発表した「ファッションレンタルサービスに参入」が買い材料。
 月額制で洋服などが借り放題のファッションレンタルサービス「Licie(リシェ)」を運営するガールズスタイリングと業務提携。ファッションの新しい楽しみ方として注目を集めるファッションレンタルサービスに参入。

●ストップ高銘柄
 グローバルダイニング <7625>  333円  +80 円 (+31.6%) ストップ高   11:30現在
 ヤマザキ <6147>  650円  +100 円 (+18.2%) ストップ高   11:30現在
 アルファクス <3814>  671円  +97 円 (+16.9%) 一時ストップ高   11:30現在
 ASJ <2351>  760円  +100 円 (+15.2%) ストップ高買い気配   11:30現在
 など、6銘柄

●ストップ安銘柄
 なし

株探ニュース

日経平均