市場ニュース

戻る
2015年03月31日11時40分

【注目】話題株ピックアップ【昼刊】:象印、ピジョン、シンフォニア、京阪電

■象印マホービン <7965> 1,419円  +300 (+26.8%) ストップ高買い気配    11:30現在
 30日、象印 <7965> [東証2] が決算を発表。15年11月期第1四半期(14年12月-15年2月)の連結経常利益は前年同期比38.6%増の41億円に拡大して着地。四半期ベースの過去最高益(29.6億円)を4四半期ぶりに大幅に更新したことが買い材料。中国や台湾向けに炊飯ジャーやステンレスマグの販売が大きく伸びたことが寄与。円安による収益押し上げ効果や利益率の高い圧力IH炊飯ジャーの販売好調も大幅増益に貢献した。第1四半期好調に伴い、通期の同利益を従来予想の42億円→75億円に78.6%上方修正。38.7%減益予想から一転して9.5%増益を見込み、2期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。

■ピジョン <7956> 10,670円  +880 (+9.0%)   11:30現在  東証1部 上昇率4位
 30日、ピジョン <7956> が4月30日現在の株主を対象に1→3の株式分割を実施すると発表したことが買い材料。最低投資金額が現在の3分の1に低下することから、株式流動性の向上と投資家層の拡大を期待する買いが向かった。

■シンフォニア <6507> 219円  +18 (+9.0%)   11:30現在  東証1部 上昇率5位
 シンフォニア <6507> が続急伸。日刊工業新聞が31日付で「シンフォニアテクノロジーはiPS細胞やES細胞を選別、培養加工する自動装置の開発に着手する」と報じたことが買い材料視された。報道によると「iPS細胞の培養工程で目的以外の細胞に分化してしまった細胞を自動的に識別、除去する装置の開発を進め、2017年度(18年3月期)でに研究用途として発売する」という。また、培養加工機についても17年度までに共同研究を始めたい考えで、最先端医療への貢献を期待した買いが向かった。

■京阪電気鉄道 <9045> 753円  +38 (+5.3%)   11:30現在
 30日、京阪電 <9045> が15年3月期の連結経常利益を従来予想の211億円→260億円に23.2%上方修正。1.7%減益予想から一転して21.2%増益を見込み、3期連続で過去最高益を更新する見通しとなったことが買い材料。今期業績の上方修正は昨年10月に続き、2回目。マンション販売が想定より伸びることに加え、訪日外国人客の増加などによるホテルの稼働率向上が収益を押し上げる。経費節減などによる営業費の抑制も上振れに貢献する。

■富士フイルム <4901> 4,327円  +113.5 (+2.7%)   11:30現在
 30日、富士フイルム <4901> がiPS細胞を開発・製造する米CDI社を買収すると発表したことが買い材料。米子会社を通じてTOBを実施し、約3億0700万ドルで発行済み株式の全てを取得する。CDI社は良質なiPS細胞を大量に安定生産する技術に強みを持つ。現在、創薬支援や細胞治療、幹細胞バンク向けのiPS 細胞の開発・製造を行っており、すでに創薬支援向けでは心筋や神経、肝臓など12種類の高品質なiPS 細胞を安定的に提供している。CDI社の買収により、同社はiPS細胞を使った創薬支援分野に参入する。さらにCDI社のiPS細胞関連技術やノウハウを同社の高機能素材技術・エンジニアリング技術、子会社のJ・TEC <7774> [JQG]の品質マネージメントシステムと組み合わせシナジー発揮を目指す。発表を受けて、再生医療製品の開発加速や再生医療の事業領域の拡大を期待する買いが向かった。

■コマツ <6301> 2,380.5円  +32 (+1.4%)   11:30現在
 30日、コマツ <6301> が消却前発行済み株式数(自社株を除く)の1.18%にあたる1116万2600株の自社株を27日付で消却したと発表したことが買い手掛かり。需給改善や株式価値の向上といった株主還元が好感されたほか、株価浮揚策としてもポジティブに受け止められた。

■不動テトラ <1813> 241円  +3 (+1.3%)   11:30現在
 30日、不動テトラ <1813> が15年3月期の連結経常利益を従来予想の35億円→48億円に37.1%上方修正。従来の20.7%減益予想から一転して8.8%増益見通しとなったことが買い材料。今期業績の上方修正は昨年11月に続き、3回目。手持ち工事が想定以上に進み、売上が計画を上回ることが寄与。工事採算の改善や円安による為替差益の発生も上振れに貢献する。業績上振れに伴い、期末一括配当を従来計画の3円→6円(前期は3円)に増額修正した。前日終値ベースの予想PERが17.7倍→11.6倍に急低下し、割安感が強まったことも買い気を誘った。

■日特建設 <1929> 542円  +53 (+10.8%)   11:30現在  東証1部 上昇率3位
 30日、麻生グループのエーエヌホールディングスが日特建 <1929> に対しTOB(株式公開買い付け)を実施すると発表したことが買い材料。TOB価格が前日終値を20.7%上回る590円とあって、本日の株価はこれにサヤ寄せする形で買い気配値を切り上げた。買付期間は4月1日から5月22日まで。買い付け予定数の上限は429万7952株。エーエヌホールディングスは同社株を26.01%保有する筆頭株主。保有比率を36.11%まで引き上げ、さらなる協力体制の構築を目指す。具体的には、海外工事事業への進出や九州地区を中心とした国内営業強化施策などの達成に向けて、麻生グループによる情報提供やアドバイス、営業支援、人材育成ノウハウの導入などで協力を受ける。同時に、15年3月期の連結最終利益を従来予想の6.5億円→11.8億円に82.6%上方修正。減益率が60.9%減→28.6%減に縮小する見通しとなったことも支援材料。

■アオキスーパー <9977> 1,199円  +79 (+7.1%)   11:30現在
 30日、アオキスーパ <9977> [JQ] が15年2月期の経常利益(非連結)を3.7億円→31.3億円(前々期は11.4億円)に32.4%上方修正し6期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなったことが買い材料。新店、改装店の開店と競合店対策としての低価格販売や農産部門の天候不順による相場高騰の解消に加え、年末商戦も順調に推移したことが利益を押し上げた。

■キユーソー流通システム <9369> 1,520円  +83 (+5.8%)   11:30現在
 30日、キユソ流通 <9369> が決算を発表。15年11月期第1四半期(14年12月-15年2月)の連結経常利益が前年同期比73.3%増の6.9億円に拡大して着地したことが買い材料。共同物流事業における料金見直しや業務の合理化が奏功し、採算が急改善した。原油価格の下落による燃料費の低下も大幅増益に貢献した。

■日本電波工業 <6779> 1,063円  +27 (+2.6%)   11:30現在
 日電波 <6779> が3日ぶりに反発。日経産業新聞が31日付で、「水晶デバイス大手の日本電波工業は第4世代携帯電話サービス(4G)の基地局などに使える高性能の水晶発振器を今夏にサンプル出荷する」と報じたことが買い材料視された。報道によると「全地球測位システム(GPS)との同期が外れても精度を維持できる機能を搭載し、通信障害の発生などを防ぐ」という。同社が開発した水晶発振器は24時間後の誤差をプラスマイナス1マイクロ秒にできるとしており、高性能水晶発振器出荷による業績への寄与を期待した買いが向かった。

■あかつきFG <8737> 611円  +14 (+2.4%)   11:30現在
 30日、あかつきFG <8737> [東証2]が発行済み株式数(自社株を除く)の2.71%にあたる35万株(金額で2億円)を上限に自社株買いを実施すると発表したことが買い材料。需給改善や株式価値の向上といった株主還元が好感されたほか、株価浮揚策としてもポジティブに受け止められた。買い付け期間は31日から6月26日まで。同時に、15年度3月末時点で100株以上を保有する株主を対象に特別優待を実施すると発表したことも好感された。傘下のあかつき証券で7月-9月(予定)内に新規資金により同社指定の対象商品(投資信託・外国債券等)を購入した株主に、買付金額に応じてクオカードを贈呈する。

■トライステージ <2178> 1,425円  +13 (+0.9%)   11:30現在
 30日、トライSTG <2178> [東証M]がタイの最大手TV通販事業者であるTV Direct Public (TVD)と通販支援のための業務提携を発表したことが買い材料視された。TVDは16カテゴリ2,000種以上の商品を取り扱い、300万人以上の顧客を抱える業界最大手企業。提携の内容は日本企業とタイの現地企業のBtoB通販支援事業を共同で行うと共に、タイ企業の日本進出における通販支援を促進するといったもの。同社では日本とタイでのさらなる市場開拓を進めるとしており、期待が高まった。

■岡三証券グループ <8609> 975円  +26 (+2.7%)   11:30現在
 30日に発表した「丸國証券と業務資本提携、約20%出資」が買い材料。
 30日に発表した「証券ジャパンと提携、15%程度出資」が買い材料。

■東亜建設工業 <1885> 203円  +4 (+2.0%)   11:30現在
 30日に発表した「投資有価証券売却益8.23億円を計上」が買い材料。
 今期に投資有価証券売却益8.23億円を特別利益に計上。

●ストップ高銘柄
 レナウン <3606> 225円  +50 (+28.6%) ストップ高    11:30現在
 nms <2162> 558円  +80 (+16.7%) ストップ高    11:30現在
 など、3銘柄

●ストップ安銘柄
 i商品 <2021> 4,040円  0 (0.0%) ストップ安    11:30現在
 など、1銘柄

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均