市場ニュース

戻る
2014年04月22日10時13分

【特集】《注目銘柄を探る》オウチーノがストップ高、国交省が不動産ネット取引解禁検討で


国交省は不動産の売買や賃貸でインターネット取引を解禁することを検討すると報じられている。
現行では取引条件など重要事項の対面説明や、契約内容の書面交付を不動産会社に義務付けているが、テレビ電話や電子メールで代替できるようにする。2015年にも規制緩和に踏み切り、不動産取引の利便性を高めたい考えと伝えている。

24日に学者や業界代表らで構成する検討会を立ち上げ、ネット取引解禁の具体案づくりを始める。6月にも方向性を出し、15年の通常国会への宅地建物取引業法改正案の提出を目指すとしている。
この報道を受けて住宅・不動産情報サイトを運営するオウチーノ<6084>がストップ高となるなど、不動産情報サイト関連企業に関心が集まっている。

<6084>オウチーノ
<2120>ネクスト
<8889>アパマンショップホールディングス
<4689>ヤフー
<6054>リブセンス
<7527>システムソフト
<2371>カカクコム
<3679>じげん
<3231>野村不動産ホールディングス
<8801>三井不動産
<8802>三菱地所
<8804>東京建物
<8830>住友不動産
<3225>東京建物不動産販売
<3241>ウィル
<3271>THEグローバル社
<3275>ハウスコム
<3277>サンセイランディック
<8854>日住サービス
<8870>住友不動産販売
<8898>センチュリー21・ジャパン
<8934>サンフロンティア不動産

《TM》

 提供:フィスコ

日経平均