市場ニュース

戻る
2016年02月16日09時47分

【材料】テックファーム---『ロボット業務活用パック』の提供開始、年内50社への提供を目指す

テックファム 【日足】
多機能チャートへ
テックファム 【日中足】


テックファームホールディングス<3625>は、『ロボット業務活用パック』の提供を2月17日(水)より開始すると発表した。ロボットによる業務効率化や接客向上、集客支援などの活用コンサルティングからアプリ開発、ロボットの機体レンタルまでを一貫して提供するもので、同社がこれまで各種案件で培ってきた、アプリ開発・サーバ構築に関する技術、サービスデザインの知見、自社製品『THCP(Tablet Home ContentsPlatform)』の構築ノウハウを活かし、今夏までに10社、年内50社への提供を目指すとしている。

『ロボット業務活用パック』は、各事業者の業務課題や要望を踏まえ、ロボットの活用方法を提案し、ロボットを動かすアプリケーション開発、データ処理・蓄積のためのサーバ構築、機体レンタルまでを全てパッケージにして提供する。具体的には、音声や動作、タブレット画面による説明・誘導ができ、商業施設や、ホテルなどの繁忙期、期間限定のイベントや催事会場などでの短期利活用や、昨今のインバウンド増加による多言語対応人材不足への代替、リピート需要への貢献を想定している。

機体はソフトバンクロボティクス社の提供する『Pepper』を貸し出し、ホテルニューオータニやレンブラントホテル厚木で年末年始の繁忙期や催事で既に試験導入を行った。

《SF》

 提供:フィスコ

日経平均