市場ニュース

戻る
2016年02月08日11時23分

【特集】<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」3位にシャープ

 「みんなの株式」が集計する「個人投資家の予想(最新48時間)」の8日午前10時現在で、シャープ<6753>が「買い予想数上昇」で3位となっている。

 8日の東京株式市場で、シャープ<6753>の株価は、前週末終値の176円を挟んでの小幅な値動きとなっている。日証金が5日、シャープ株について8日約定分から制度信用取引の新規売りおよび買いの現引きに伴う貸借取引の申し込み停止措置を実施すると発表した。ただし、弁済繰り延べ期限の来た買いの現引きは除く。信用取引の規制強化に伴って、売買の自由度が制限されるとの見方があるなかで、きょうは売り買いが交錯しているようだ。

 経営再建中のシャープを買収する方向で交渉に入った台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業の郭台銘会長は5日、シャープ本社を訪れ、高橋興三社長ら幹部と会談。最終的な契約に向けて協議するための合意書を交わした。会談終了後、郭会長は、総額7000億円規模の資金を投じ買収する案について「優先的な交渉権を得てサインした。29日に最終契約する」と述べた。一方、シャープは5日の会談終了後に「鴻海に優先交渉権を与えたなどの報道があったが、これは当社の発表に基づくものではなく、そのような事実はない」と否定のコメントを発表している。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均