市場ニュース

戻る
2016年02月05日10時18分

【材料】高島屋、国内証券アナリストが「従来より魅力上昇」とポジティブなリポート

高島屋 【日足】
多機能チャートへ
高島屋 【日中足】

 高島屋<8233>が4日続落。インバウンド関連株には期待先行で株価が大きく上昇した後、現在は軟調な銘柄が多くみられるようになった。そのカテゴリーの一部にある高島屋に国内証券アナリストがポジティブな見解を示した。

 SMBC日興証券では「百貨店相対では、2017年2月期の改善余地が大きい。従来より魅力上昇」との題名でリポートをリリース。投資評価「2」を継続、目標株価は1220円から1200円に20円の引き下げを行っているものの、業績上方修正期待があるとしてポジティブな内容で紹介している。

 アナリストは百貨店株のアウトパフォームには売上トレンドの加速と上方修正期待が必須と考えると解説している。
《MK》

株探ニュース



日経平均