市場ニュース

戻る
2016年02月03日11時05分

【材料】野村不動産HD、有力処は分譲マンションの販売は引き続き好調に推移すると指摘

野村不HD 【日足】
多機能チャートへ
野村不HD 【日中足】

 野村不動産ホールディングス<3231>が反落。マイナススタートとなり、その後も売りが優勢の展開。現在は今日の安値圏で推移している。

 いちよし経済研究所では、賃貸物件の空室率や収益不動産開発は中期的に高水準を維持すると予想。住宅ローン金利のさらなる低下も予想されることから、分譲マンションの販売は引き続き好調に推移すると解説。

 レーティングを「B」から「A」に引き上げ、フェアバリュー3100円を継続している。
《MK》

株探ニュース

日経平均