市場ニュース

戻る
2016年01月29日09時56分

【材料】フリークアウトがS高カイ気配、DMP事業好調で第1四半期は55%営業増益

フリークアウ 【日足】
多機能チャートへ
フリークアウ 【日中足】

 フリークアウト<6094>は朝方から買いが先行しストップ高水準でカイ気配となっている。28日の取引終了後に発表した第1四半期(15年10~12月)連結決算が、売上高12億5200万円(前年同期比24.4%増)、営業利益1億1700万円(同55.3%増)と大幅増収増益となったことが好感されている。インティメート・マージャーを連結子会社化したことでDMP事業が伸長したほか、ネイティブ広告、ソーシャル関連の広告も堅調に推移したことで売上高・利益を押し上げた。

 同時に、広告ネットワーク事業を展開する連結子会社M.T.Burnの株式を共同出資するイグニス<3689>から全株式を取得し100%子会社化したうえで、LINEへの株式譲渡や第三者割当増資で出資比率を49.5%とし、連結対象から外すとした。

 なお、同件についての業績への影響は現在精査中としており、16年9月期通期業績予想の売上高63億円(前期比49.4%増)、営業利益4億円(同4.2倍)は据え置いている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均