市場ニュース

戻る
2016年01月21日16時01分

【市況】日経平均は大幅続落、リバウンド続かず400円近い下げ/相場概況


日経平均は大幅続落。20日の米国市場では、原油先物価格の下落などを受けてNYダウが565ドル安となる場面があったが、引けにかけて下げ幅を縮め249ドル安で取引を終えた。こうした動きが安心感につながり、日経平均は前日の600円超の下落に対する自律反発の流れが先行し、50円高からスタートした。寄り付き後も上げ幅を拡大する展開となり、一時16734.58円(前日比318.39円高)まで上昇する場面があった。ただ、その後先物に断続的な売りが入り急落、下げ幅を400円近くに広げ安値引けとなった。

大引けの日経平均は前日比398.93円安の16017.26円となった。東証1部の売買高は31億8594万株、売買代金は3兆846億円だった。業種別では、全33業種がマイナスとなり、その他金融業が5%超下げたほか、不動産業、食料品、電気・ガス業、銀行業が下落率上位だった。

個別では、ソフトバンクグ<9984>が一時プラスに切り返したものの、売りに押され4日続落。連日で昨年来安値を更新している。また、三菱UFJ<8306>が4%超下げたほか、みずほ<8411>、三井住友<8316>などメガバンク株も売られた。オリックス<8591>は7%近く下げ、三井不<8801>は5%超の下落。前日ストップ安のCOOKPAD<2193>は大幅続落した。また、サイバネット<4312>、日本CMK<6958>、GMOPG<3769>などが東証1部下落率上位となった。一方、村田製<6981>は一時9%近く上昇し、終値でもプラスを確保した。また、台湾フォックスコンによる買収提案が報じられたシャープ<6753>は5%超の上昇となり、ウェルネット<2428>、旭硝子<5201>などとともに東証1部上昇率上位となった。
《HK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均