市場ニュース

戻る
2015年12月14日16時17分

【市況】【↓】日経平均 大引け|リスク回避で347円安、1万9000円割り大幅反落 (12月14日)


日経平均株価
始値  18887.09
高値  18911.78(14:50)
安値  18611.09(10:04)
大引け 18883.42(前日比 -347.06 、 -1.80% )

売買高  20億3912万株 (東証1部概算)
売買代金 2兆3882億円 (東証1部概算)

-----------------------------------------------------------------

■本日のポイント

 1.日経平均は大幅反落、1万9000円を割る
 2.欧米株下落、原油安、円高が重なり、リスクオフの売り
 3.FOMC、日銀会合を控えて模様眺め気分
 4.東証1部の約8割の銘柄が下落、東証33業種で上昇は水産・農林業のみ
 5.日中足では、ほぼ「行って来い」の形に


■東京市場概況

 前週末の米国市場では、原油安を背景にエネルギー株が売られ、ダウは309ドル安と大幅反落した。

 週明けの東京市場では、日経平均は347円安と大幅反落。1万9000円を割り、11月2日以来、およそ1ヵ月ぶりの安値水準に沈んだ。

 欧米株式市場の下落、原油安、1ドル=120円台の円高が嫌気されてリスクオフの売りが優勢となった。16日のFOMC結果、18日の日銀金融政策決定会合の結果発表を控えて投資家の様子見ムードは強く、下値を積極的に拾う動きは限られた。目先の下値抵抗とみられた75日移動平均線を割り込み、下げ幅は一時619円に達する場面もあった。

 国際石開帝石 <1605> や出光興産 <5019> 、三菱商 <8058> など資源エネルギー株が総崩れ。新日鉄住金 <5401> やコマツ <6301> 、オムロン <6645> 、ブリヂストン <5108> といった輸出関連株の下げがきつい。また、野村 <8604> や損保JPNK <8630> 、オリックス <8591> 、三菱UFJ <8306> などの金融株をはじめ内需関連株にも売りが広がった。

 売り一巡後は上海総合の3日ぶり反発や、日銀ETF買いの思惑などに支えられて下げ渋ったものの、上値は重かった。日中足では大引けで始値水準まで戻す「行って来い」の形となった。

 日経平均への寄与度上位5銘柄はJT <2914> 、大林組 <1802> 、ヤマトHD <9064> 、味の素 <2802> 、セブン&アイ <3382> 。5銘柄の指数押し上げ効果は合計で約4円と限定的。

 一方、マイナス寄与の上位5銘柄はファストリ <9983> 、ファナック <6954> 、ソフトバンク <9984> 、ダイキン <6367> 、TDK <6762> 。押し下げ効果は約125円。うち56円はファストリ1銘柄によるもの。


 東証33業種のうち上昇は水産・農林業の1業種のみ。下落率の小さかった上位5業種は(1)食料品、(2)陸運業、(3)パルプ・紙、(4)建設業、(5)繊維製品。一方、下落率の大きかった5業種は(1)鉱業、(2)証券商品先物、(3)石油石炭製品、(4)機械、(5)鉄鋼。

■個別材料株

△山加電業 <1789> [JQ]
 太陽光発電所の大型案件を受注。
△フルスピード <2159> [東証M]
 上期経常が2.2倍増益で着地。
△くら <2695>
 今期経常は1%増で3期連続最高益更新へ。
△モルフォ <3653> [東証M]
 今期経常は21%増、デンソー <6902> と資本業務提携。
△フリービット <3843> [東証M]
 上期経常が16%増益で着地。
△ステラケミ <4109>
 東海東京調査センターが投資判断「買い」で調査を開始。
△山陽鋼 <5481>
 野村証が「中立→買い」に引き上げ。
△イトクロ <6049> [東証M]
 今期経常は20%増で2期連続最高益更新へ。
△オーエムツー <7614> [JQ]
 2-10月期(3Q累計)経常は23%増益。
△ファースト住 <8917>
 今期経常は14%増益、1円増配へ。

▲ザッパラス <3770>
 上期経常が39%減益で着地。
▲インスペック <6656> [東証M]
 上期最終は赤字拡大で下振れ着地。
▲大ガス <9532>
 SMBC日興証が「強気→中立」に格下げ。

 東証1部の値上がり率上位10傑は(1)ステラケミ <4109> 、(2)コア <2359> 、(3)くら <2695> 、(4)アイロムHD <2372> 、(5)リニカル <2183> 、(6)神栄 <3004> 、(7)蛇の目 <6445> 、(8)ケンコーマヨ <2915> 、(9)物語コーポ <3097> 、(10)M&Aキャピ <6080> 。

 値下がり率上位10傑は(1)gumi <3903> 、(2)KLab <3656> 、(3)エコナック <3521> 、(4)東洋炭素 <5310> 、(5)スノーピーク <7816> 、(6)オムロン <6645> 、(7)新明和 <7224> 、(8)パル <2726> 、(9)イビデン <4062> 、(10)明治海 <9115> 。


【大引け】

 日経平均は前日比347.06円(1.80%)安の1万8883.42円。TOPIXは前日比21.63(1.40%)安の1527.88。出来高は概算で20億3912万株。値上がり銘柄数は334、値下がり銘柄数は1531となった。日経ジャスダック平均は2657.89円(19.15円安)。

[2015年12月14日]

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均