市場ニュース

戻る
2015年10月05日12時19分

【材料】亀田製菓が続伸、国内大手証券は目標株価引き下げもレーティング「バイ」を継続

亀田製菓 【日足】
多機能チャートへ
亀田製菓 【日中足】

 亀田製菓<2220>が続伸。買い優勢で始まり、高いところでは前日比190円高の5240円まで上昇している。
 国内大手証券では、16年3月期7~9月期の営業利益は前年同期比23%増益の5億円、4~9月累計では同27%増益の10億円と予想。天候要因などにより国内の米菓売上はほぼ横ばいと苦戦したものの、好採算の「柿の種」の構成比上昇や各種原価削減策により、採算改善が続いていると推測し、昨年赤字の米国MGCが2ケタ増収により黒字化したと予想。
 レーティング「バイ」を継続、目標株価を6300円から6000円に引き下げている。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均