市場ニュース

戻る
2015年05月07日10時17分

【材料】ベネッセHDが一時ストップ安、15年3月期は予想超える大幅赤字に

ベネッセHD 【日足】
多機能チャートへ
ベネッセHD 【日中足】

 ベネッセホールディングス<9783>が一時ストップ安と急落。株価は大量の売り物を浴び、一時値幅制限いっぱいとなる1日終値比700円(18.9%)安の3010円まで売られた。1日の取引終了後に15年3月期業績を発表、連結純損益は107億500万円の赤字(前の期は199億3000万円の黒字)となったことを明らかにした。同社の最終赤字は上場来初のことで、従来予想(10億~90億円の赤字)に比べても、損失幅は膨らんだ。顧客情報の大規模漏洩問題で、おわび費用による特損を計上したほか、通信教育会員が大幅に減少した。会社側では16年3月期の最終損益は38億円の黒字を見込んでいるが、市場予想(190億円前後の黒字)を大きく下回ったことも嫌気されたようだ。

ベネッセHDの株価は10時16分現在3020円(▼690円)




出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均