市場ニュース

戻る
2015年01月07日05時09分

【為替】1月6日のNY為替概況


 6日のニューヨークの外為市場でドル・円は119円20銭から118円06銭まで下落し118円55銭で引けた。甘利明経済財政・再生相の発言を受けて利食いの円の買戻しが強まったほか、原油価格の下落や予想を下振れた米12月ISM非製造業景況指数(総合)を受けて世界経済への懸念が再燃しリスク回避の円買い、債券利回り低下に伴うドル売りが加速した。

ユーロ・ドルは、1.1893ドルから1.1959ドルまで上昇し1.1920ドルで引けた。オランダ紙の報道を受けて欧州中央銀行(ECB)が今月の定例理事会で量的緩和(QE)に踏み切るのは困難との見方が広がりユーロ売りが後退した。ユーロ・円は、141円85銭から140円92銭まで下落。株安に連れたリスク回避の円買いが加速した。

ポンド・ドルは、1.5153ドルまで下落後、1.5198ドルまで反発した。

ドル・スイスは、1.0105フランから1.0044フランへ下落した。



[経済指標] ・米・12月ISM非製造業景況指数(総合):56.2(予想:58.0、11月:59.3)
・米・11月製造業受注指数:前月比-0.7%(予想:-0.5%、10月:-0.7%)
・米・12月サービス業PMI改定値:53.3(予想:53.7、速報値:53.6)
・米・12月総合PMI改定値:53.5(速報値:53.8)

《KY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均