市場ニュース

戻る
2014年01月21日10時05分

【材料】滝澤鉄工所が続急騰、ロシアKEMP社と業務提携

滝沢鉄 【日足】
多機能チャートへ
滝沢鉄 【日中足】

 20日、滝沢鉄 <6121> がロシアの機械メーカー、Kovrov Electromechanical Plant(KEMP社)と業務提携すると発表したことが買い材料。

 KEMP社は同社の新型複合旋盤「TS-4000」をセミノックダウン(SKD)生産し、ロシア国内で販売する。同社はSKDに必要な全ての部品を供給。SKDの生産期間は14-18年の5年間とし、同社の売上総額は80億円程度を見込んでいる。また、KEMP社はロシアの販売代理店として同社製品を販売する。

 成長が見込まれるロシア市場でKEMP社との連携によりブランド浸透と製品の販売拡大を目指すとあって、中期的な業績貢献に期待する買いが向かった。株価はおよそ9ヵ月ぶりに昨年来高値を更新。
(「株探」編集部)

日経平均