市場ニュース

戻る
2016年02月12日15時50分

【決算】昭和ホールディングス、今期経常を3%上方修正・最高益予想を上乗せ

昭和HD 【日足】
多機能チャートへ
昭和HD 【日中足】

 昭和HD <5103> [東証2] が2月12日大引け後(15:50)に決算を発表。16年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比8.2倍の17.4億円に急拡大した。
 併せて、通期の同利益を従来予想の23.4億円→24億円(前期は6.3億円)に2.6%上方修正し、増益率が3.7倍→3.8倍に拡大し、従来の4期ぶりの過去最高益予想をさらに上乗せした。

 会社側が発表した上方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常利益も従来予想の11.6億円→12.2億円(前年同期は6.2億円)に5.1%増額し、増益率が86.7%増→96.3%増に拡大する計算になる。

 直近3ヵ月の実績である10-12月期(3Q)の連結経常利益は前年同期比2.8倍の5.6億円に急拡大し、売上営業利益率は前年同期の9.7%→22.3%に急改善した。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
  当社連結会計に帰属する主要な4事業において、まずDigital Finance事業につきましては、ASEAN地域への進出及び事業展開が順調に拡大し続け予想をはるかに上回る売上の拡大を示しております。また、長らく業績の低迷で苦しんでおりましたゴム事業につきましては、これまで当社グループが一丸となって推進してきた管理体制の改革・原価軽減策等が実を結び、当四半»続く

【関連記事・情報】

日経平均