夢真ホールディングス 佐藤大央代表取締役社長

 2020年の東京五輪開催、リニア中央新幹線、さらには建設後半世紀を経過する基盤インフラの補修・再構築など、建設需要は中長期的に継続拡大するものと想定される。そのなかで、需要拡大を支える建築技術者を供給するという極めて重要な役割を担う夢真ホールディングス <2362> [JQ]の佐藤大央代表取締役社長に、派遣業の将来像と今後の戦略について聞いた。

夢真ホールディングス 佐藤大央代表取締役社長

  • 佐藤大央氏

    2020年を目処に、技術者派遣1万人目指す

    02月20日(火) 14時55分

     2020年の東京五輪開催、リニア中央新幹線、さらには建設後半世紀を経過する基盤インフラの補修・再構築など、建設需要は中長期的に継続拡大するものと想定される。そのなかで、需要拡大を… [ 記事全文 ]

    夢真ホールディングス 佐藤大央代表取締役社長

トップインタビュー バックナンバー