9984 ソフトバンクグループ 東証1 15:00
11,045円
前日比
+165 (+1.52%)
比較される銘柄: NTTドコモKDDIヤフー
業績: -
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
2.11 0.40 1.52

銘柄ニュース

戻る
2017年01月25日12時52分

今後のゲーム業界のキーワードは「海外展開」、SMBC日興証券(花田浩菜)


こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

日米共に企業の決算が本格化しており、各企業の今後の動向が気になるところですね。

その中でも1/25付けの「Daily Outlook」に、今後のゲームセクターについて掲載されていましたので、ご紹介します。

まず同レポートでは、ゲームセクターの現状について、『世界の家庭用ゲームコンテンツ市場は年々拡大している。特に、パッケージゲームソフトが縮小傾向の中、スマートデバイス(スマートフォン等)向けゲームの伸びが市場を牽引していることがわかる。そのため、有力なキャラクターやブランドを保有する老舗ゲームソフトメーカーも続々とモバイルゲーム市場にタイトルを出している』と伝えています。
続けて、『地域別ではアジア市場の拡大が目立つ。スマートフォンの普及率の高さも一因であろう。特に中国では、IT大手のテンセントが昨年、ソフトバンクG<9984>からスマホゲーム子会社を買収するなど市場が拡大しており、2016年は日本や米国を抜き世界最大のモバイルゲーム市場になったとみられる。国内モバイルゲーム市場の成長ペースは鈍化が見込まれるなか、ゲームメーカーの業績は海外展開の成否が大きく影響するものと思われ、今後の動向には注目だ』との見解を述べています。

これを受けて同レポートでは、ソニー<6758>をはじめとして、任天堂<7974>やカプコン<9697>、HUG<3676>などのゲーム関連銘柄を全7社紹介していますので、詳しくは1/25付の「Daily Outlook」をご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜

《SK》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均