9984 ソフトバンクグループ 東証1 15:00
6,880円
前日比
+6 (+0.09%)
比較される銘柄: NTTドコモKDDIヤフー
業績: -
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
3.27 0.64 2.79

銘柄ニュース

戻る
2016年08月19日07時34分

前日に動いた銘柄 part2:ソフトバンク、BEENOS、オリンパスなど


銘柄名<コード>⇒8月18日終値⇒前日比


ホシザキ<6465> 8000 -570
17日の説明会でのコメントなどがマイナス視される。

ネクスト<2120> 791 -61
三菱UFJモルガン・スタンレー証券では目標株価を引き下げ。

東邦HLDG<8129> 2062 -115
みずほ証券では目標株価を引き下げ。

日本電子<6951> 361 -29
野村證券では目標株価を引き下げ。

HIS<9603> 2564 -176
モルガン・スタンレーMUFG証券では目標株価を下げ。

IDOM<7599> 593 -31
緩やかなリバウンドの動きにも一巡感で。

オリンパス<7733> 3200 -195
北米内視鏡事業の回復不透明との見方に。

大塚商会<4768> 4375 -245
SMBC日興証券では目標株価を引き下げへ。

竹内製作所<6432> 1372 -93
17日は建設機械株高の流れに乗ったが。

GSIクレオス<8101> 106 -3
17日にかけて急伸の反動。

IIJ<3774> 1901 -116
2000円レベルの心理的な支持線も割り込んで。

タカラトミー<7867> 912 -36
25日線割れで再度売りが優勢に。

三菱UFJ<8306> 526.7 -9.2
17日に続いて金融関連株は強い動きが継続。

ソフトバンクグループ<9984> 6455 -312
自社株買いの終了を17日に発表へ。

太平洋セメ<5233> 289 +2
17日から素材株が堅調な動きにも。

フュージョン<4845> 765 -32
引き続き今期の大幅増益見通しを評価材料視。

国際帝石<1605> 887.6 -4
原油市況の続伸などが買い材料にも。

日本伸銅<5753> 106 +6
決算発表以降は値動きの軽さが妙味となっており。

フュートレック<2468> 858 +47
第1四半期決算発表後は上値追いが継続。

アサヒ衛陶<5341> 143 +4
値動きの軽さから短期資金が向かう。

フライトHD<3753> 382 -18
17日の後場から急伸した反動で。

サニーサイド<2180> 786 -101
17年6月期は営業利益61%減の見通し。

総医研<2385> 382 -43
17年6月期は営業利益37%増の見通しも市場期待に届かず。

BEENOS<3328> 2395 -95
中国アリババが同社のインド投資先の買収を協議との報道。

モバファク<3912> 4450 +250
位置ゲーム関連として人気が続く。

ネクストウェア<4814> 228 +26
200円水準まで調整進み反発狙いの買い。デジタル地図に関心も。

エン・ジャパン<4849> 2161 +4
三菱UFJモルガン・スタンレー証券が目標株価引き上げ。

チャームケア<6062> 2550 +311
好業績の介護関連株として人気が続く。押し目買い優勢。

北川精機<6327> 406 -44
新装置開発で急伸した反動。決算への警戒感も。

インスペック<6656> 995 -41
25日線突破で上昇基調強まる。一部で業績期待も。

サイバーダイン<7779> 1719 -168
米調査会社のレポートを受けた売りが続く。

《WA》

 提供:フィスコ

日経平均