9810 日鉄住金物産 東証1 15:00
4,710円
前日比
+70 (+1.51%)
比較される銘柄: 兼松三菱商阪和興
業績: 今期予想
卸売業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
8.3 0.85 3.18 20.76

銘柄ニュース

戻る
2016年03月08日14時18分

TOPIXのFFWと調整係数見直し予想 日鉄住金物産や西武HDなど好影響も SMBC日興

 SMBC日興証券は7日、本決算期末が7~9月期に該当する企業のTOPIX浮動株比率(FFW)と調整係数の定期見直しの予想を発表した。新たなFFWは4月7日に公表される予定で、同月27日に終値ベースでリバランスに伴う売買インパクトが見込まれている。

 同証券では、時価総額1000億円以上のFFW見直し、調整係数解除候補から、見直しに伴う株価に与える推定インパクトが1日以上ある銘柄として、日鉄住金物産<9810>、西武ホールディングス<9024>、日本郵政<6178>、日本ガス<8174>、かんぽ生命保険<7181>、ゆうちょ銀行<7182>、ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>を挙げている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均