貸借
証券取引所が指定する制度信用銘柄のうち、買建(信用買い)と売建(信用売り)の両方ができる銘柄
株価20分ディレイ → リアルタイムに変更
ナックの【株価予想】を見る

9788ナック

東証1
956円
前日比
-7
-0.73%
比較される銘柄
ダスキン, 
ダイオーズ, 
日工営
業績
単位
100株
PER PBR 利回り 信用倍率
13.4 1.01 3.87 3.89
時価総額 232億円

銘柄ニュース

戻る

Pウォーター Research Memo(2):宅配水業界で最大の規模と成長力。天然水の製販一体型経営に特長


■会社概要

1. 会社概要と沿革
プレミアムウォーターホールディングス<2588>は、ウォーターサーバーを設置した家庭や事業所に自社製造のミネラルウォーターを届ける宅配水業界の大手企業である。同社は、天然水製造が強みのウォーターダイレクトと営業力が強みのエフエルシーが経営統合して誕生した。ウォーターダイレクトは創業当初からSPA型※の経営を志向しており、ウォーターサーバーの自社設計から製造、販売、顧客へのアフターサービスまでを自社で完結させることで顧客ニーズを迅速に把握し、商品開発や販売方法に生かす戦略を採ってきた。2007年に家電量販店の(株)ヨドバシカメラでデモンストレーション販売を開始したのを皮切りに、全国的に大手小売店でのデモンストレーション販売を展開し顧客件数も順調に拡大してきた。2013年に東証マザーズ上場、2014年には東証2部に昇格している。2016年7月に同じ光通信<9435>のグループであるエフエルシーと経営統合し、プレミアムウォーターホールディングスとして再スタートを切った。新会社を率いるのは、エフエルシーを起業しプロモーション営業で国内トップクラスに引き上げた実績を持つ萩尾陽平社長である。天然水製造を行うウォーターダイレクトと営業力を持つエフエルシーが統合することで、宅配水業界のなかでも高い成長力を持つ。2021年3月期の売上収益(56,339百万円)は宅配水業界で最大規模である。

※SPA型:商品企画から製造、販売までを垂直統合させることでSCMの無駄を省き、消費者ニーズに迅速に対応できるビジネスモデルのことで「Speciality store retailer of Private label Apparel」の頭文字をとった造語。



宅配水市場はコロナ禍で前期比10.4%成長
2. 成長する宅配水市場
宅配水とは、サーバーとセットで供給されるミネラルウォーターで家庭や事業所などに宅配されるものを指す。2000年以降に普及が開始し、東日本大震災などの影響も追い風となり2012年頃までに急成長を遂げた。その後成長が鈍化した時期もあるが2015年以降成長軌道が回復し、2020年の市場規模は172,260百万円、2014年から2020年の6年間の年平均成長率は6.4%である。特に2020年は、コロナの影響で宅配水の需要が増え、前年比10.4%と高い成長を記録した。配送方式別に見ると、初期にリターナブル方式(容器を再利用する)で市場が形成され、その後1 WAY方式(容器が使い切り)がより成長してきた。2020年の市場規模はリターナブルで70,890百万円(前年比890百万円増)、1 WAY101,370百万円(前年比15,370百万円増)と1 WAYの伸びが大きい。同社は1 WAY方式を採用しており、1 WAY市場の成長をけん引する存在だ。宅配水業界の同業他社としては、リターナブル方式を主とするナック<9788>のクリクラ事業、アクアクララ(株)がある。

3. 市場シェアの推移
宅配水市場には多数のプレーヤーが参入している。同社のような水宅配専業プレーヤーもいれば、ガス会社系プレーヤー、レンタル・クリーン・オフィスサービス系プレーヤー、飲料メーカー系プレーヤーなど様々である。同社は2016年時点(統合直後)では市場シェア11.8%で業界3位だったと言うが、4年後の2020年には26.7%と躍進し2位以下を引き離す存在となった。これは、同社が顧客を純増させ続けた結果であり、商品力、ブランド力、営業力、顧客満足を獲得するサービス力などの総合力での優位性が認められた。宅配水以外を含めた広義のミネラルウォーター市場においては、売上収益で1位のサントリー食品インターナショナル<2587>、2位の日本コカ・コーラ(株)に次ぐ3位に位置付けられる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田秀夫)

《NB》

 提供:フィスコ

日経平均