9706 日本空港ビルデング 東証1 15:00
4,110円
前日比
+25 (+0.61%)
比較される銘柄: 空港施設三井不菱地所
業績: 今期予想
不動産業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
46.4 2.80 0.78 0.20

銘柄ニュース

戻る
2015年10月08日10時01分

<前場の注目銘柄>=日空ビル、訪日客増で成長志向強める

 日本空港ビルデング<9706>は8月下旬以降、5000円台前半の底値圏でのもみ合いに終始してきたが、出直りへと向かい始めた。

 訪日外国人の増加を背景とした業績拡大が続いている。柱の物品販売は、国際線売店の売り上げが引き続き伸びており、成田空港や関西空港、中部空港などへの卸売も好調。また、飲食業も羽田国内線・国際線ターミナルでの新規店舗展開や、拡張に伴う業務受託収入増などで好調を見込む。

 会社側では16年3月期の物品販売を13%増と見込むが、第1四半期(4~6月)は36%増となり、業績予想も増額修正の公算が大きい。17年3月期からの新中計では東京五輪開催など考慮し成長志向が強まりそうだ。


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均