9699 西尾レントオール 東証1 15:00
3,945円
前日比
-115 (-2.83%)
比較される銘柄: カナモトサコス日本アジアG
業績: 今期予想
サービス業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
11.5 1.24 1.77 0.88

銘柄ニュース

戻る

西尾レントオールが反発、国内有力証券が投資判断「A」を再強調

 西尾レントオール<9699>が反発している。岩井コスモ証券が21日付で、投資判断「A」、目標株価4300円を再強調したことが好材料視されているようだ。

 同証券では、五輪関連や都市再開発など首都圏だけではなく、ほぼ全国的に現場数が増加しており、建機などのレンタル需要の増加傾向が継続。また、これにより建機などの稼働が増えレンタル関連の利益率の改善も進んでいるとしている。18年9月期上期業績は期初計画を営業利益で10億円超上回ったことから、会社側では通期計画を上方修正したが、同証券では保守的と指摘。会社計画の137億5000万円を上回る140億円(前期比26%増)を見込むほか、五輪関連のレンタル需要は19年9月期も継続することから一段の収益増が期待できるとしている。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均