9684 スクエニHD 東証1 15:00
2,952円
前日比
+123 (+4.35%)
比較される銘柄: カプコンコナミHDマーベラス
業績: 今期予想
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
19.0 2.16 1.39 3.04

銘柄ニュース

戻る
2015年10月15日14時30分

国内大手証券、エンタテインメントセクターではスクエニとコナミに注目

 SMBC日興証券のエンタテインメントセクターの決算プレビューでは、有力タイトル、製品投入時期の影響などから、第1四半期比で減益になる企業が散見されるものの、数年に渡り持続的に安定収入が期待できるスマートフォンゲーム、オンラインゲームなどの貢献に加えて、家庭用ゲーム専用機向けソフト市場の回復などから、家庭用ゲームソフトメーカーの業績は順調に推移していると指摘。
 16年3月期上期はスクウェア・エニックス・ホールディングス<9684>、コナミホールディングス<9766>、ネクソン<3659>などが前年同期比大幅営業増益を達成、任天堂<7974>は営業黒字転換したと推定。特に、通期会社計画に対して営業利益進捗率が高そうなスクエニHDとコナミHDに注目。業種格付け「強気」を継続している。
《MK》

株探ニュース

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均