9627 アインホールディングス 東証1 15:00
7,830円
前日比
-70 (-0.89%)
比較される銘柄: スギHDクスリアオキウエルシア
業績: 今期予想
小売業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
27.6 4.52 0.64 0.12

銘柄ニュース

戻る
2016年03月09日11時51分

アインHD、国内大手証券は歴史的に厳しい医療費抑制策を克服するとみて持続的拡大を想定

 アインホールディングス<9627>が反発。一時、マイナス圏で推移する場面があったものの、現在は小幅高となっている。

 野村証券では、16年度調剤報酬改定は、処方箋当たり約40円の技術料減で、約6億5000万円の営業減益要因と試算。それでも、店舗運営の効率化、薬剤師の生産性向上策など会社の経営努力、M&Aを含む規模拡大で影響を克服し、17年4月期以降も経常増益基調を継続できると解説。

 歴史的に厳しい医療費抑制策を克服、今後も持続的拡大を見込み、レーティング「バイ」を継続、目標株価を7600円から7700円に引き上げている。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均