9621 建設技術研究所 東証1 15:00
1,002円
前日比
-11 (-1.09%)
比較される銘柄: 日工営NJS応用地質
業績: 今期予想
サービス業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
8.9 0.58 2.00 4.82

銘柄ニュース

戻る
2016年07月28日14時55分

建設技研が急動意、リニア関連として短期資金流入

 建設技術研究所<9621>が急動意。発行株数1400万株強と小型で値動きの速さが魅力、建設コンサルタントとして政府の経済対策の恩恵が期待されている。2014年には数カ月で1000円台から1900円台に駆け上がった実績を持つ。

 8月2日に閣議決定する経済対策について、安倍首相は28兆円を上回る事業規模となることを表明しており、そのなかで、財投の長期固定で低利の貸し付けを活用することに伴いリニア中央新幹線の名古屋―大阪延伸を8年前倒しする方針。建設技研の傘下で地質調査や砂防分野に展開する地圏総合コンサルタント(東京都荒川区)は、リニア中央新幹線関連の大型の地質調査案件などで実績を示すなど、関連有力株として注目が集まった。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均