9613 NTTデータ 東証1 11:30
5,440円
前日比
-50 (-0.91%)
比較される銘柄: 野村総研伊藤忠テクノユニシス
業績: 今期予想
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
31.1 2.16 1.29 1.21

銘柄ニュース

戻る
2016年09月06日09時52分

NTTデータは堅調、世界初のプロ野球球団が監修したVR技術によるトレーニングシステムの提供を開始

 NTTデータ<9613>は堅調。同社は5日、プロ野球球団が監修したシステムとしては世界初となるVR(バーチャルリアリティー)技術を用いたプロ野球選手のトレーニングシステムを17年から提供を開始することを発表した。

 スポーツの活用事例はまだわずかという現状のなか、今回提供を開始する独自のVRシステムは、VR技術を用いて、打者が投手の投げるボールを仮想体験することで、試合でのパフォーマンス向上を目指す「プロ野球選手向けトレーニングシステム」。ヘッドマウントディスプレーを装着すると、あたかも自身が実際のバッターボックスにいるかのような状態となり、投手の投球を体験することが可能となる。

 このシステムは、東北楽天ゴールデンイーグルスが、17年シーズンより、ファーストユーザーとして本格利用する。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均