9613 NTTデータ 東証1 15:00
5,550円
前日比
+70 (+1.28%)
比較される銘柄: 野村総研伊藤忠テクノユニシス
業績: 今期予想
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
31.8 2.21 1.26 1.21

銘柄ニュース

戻る
2016年02月03日10時37分

NTTデータが大幅続伸 第3四半期累計は大幅営業増益、大型案件獲得などで受注高2ケタ増

 エヌ・ティ・ティ・データ<9613>は大幅に4営業日続伸。株価は一時、前日比320円高の6270円まで買われている。同社は2日引け後、16年3月期第3四半期累計の連結決算を発表した。売上高は前年同期比7.3%増の1兆1453億2300万円、営業利益は同32.3%増の642億7100万円で着地した。

 全体の受注高は前年同期比19%増となった。金融事業で銀行・協同組織金融機関向け大型案件の獲得などで増加したほか、公共・社会基盤事業で中央府省向け大型案件の獲得などにより増加、グローバル事業では海外子会社の規模拡大および為替影響などにより増加した。収益面では、グローバル、金融、法人・ソリューションの各事業で増収増益となったものの、公共・社会基盤事業は増収も、既存大規模案件の規模縮小による影響のほか、不採算案件の発生で減益となった。

 ゴールドマン・サックス証券は、16年度は不採算案件縮小の恩恵以外は、トレンド線を超えた収益拡大は見込みづらいなどと指摘。目標株価は4630円から4800円へ引き上げているものの、投資判断は「売り」を継続している。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均