9501 東電HD 東証1 15:00
420円
前日比
-4 (-0.94%)
比較される銘柄: 中部電関西電東北電
業績: -
電気・ガス
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
0.30 3.23

銘柄ニュース

戻る
2016年02月10日07時31分

前日に動いた銘柄 part2:GMO-AP、タツモなど


銘柄名<コード>⇒2月9日終値⇒前日比

ファンコミ<2461> 681 -84
今期も増益率鈍化が続く見通しで。

サイバネット<4312> 622 -76
個人の投資マインド低下でテーマ物色も沈静化。

SUMCO<3436> 639 -88
高水準の信用買い残など需給懸念も残り。

山一電機<6941> 541 -77
通期の最終利益は20億円から13.5億円に減額。

野村HLDG<8604> 510.0 -50.8
ジェフリーズ証券の投資判断格下げもマイナス視へ。

名村造船所<7014> 692 -107
造船株にも円高デメリット意識へ。

GMOインタ<9449> 1268 -138
特別利益一巡で今期最終益は大幅減益に。

旭硝子<5201> 564 -60
引き続き今期業績見通しをマイナス視へ。

三菱UFJ<8306> 491.2 -47.0
ドイツ銀行など欧州銀行株安の流れを嫌気。

東芝<6502> 168.2 -10.4
白物家電事業の再編の行方に不透明感も。

新生銀行<8303> 140 -14
ドイツ証券では投資判断を「ホールド」に格下げ。

シャープ<6753> 165 -12
株式価値の希薄化懸念なども拭い切れず。

三菱重<7011> 389.2 -37.7
大和証券では「1」から「3」に2段階格下げ。

東京電力<9501> 591 -18
メリルリンチ日本証券が買い推奨も地合い悪化で反応薄。

りそなHLDG<8308> 416.7 -36.1
ドイツ証券では「バイ」から「ホールド」に格下げ。

トヨタ<7203> 6154 -401
ドル・円相場は115円を割り込む展開になり。

ぷらっとH<6836> 3040 +504
APNのIoTデバイス提供企業に登録されたことを引き続き材料視。

阿波製紙<3896> 613 -124
通期営業益は8.3億円から7億円に下方修正。

アートスパーク<3663> 1502 -184
新興市場株安などで個人投資家のマインド悪化も。

インベスターズクラウ<1435> 7670 +780
前期業績の上方修正を受けて8日ストップ高となった流れ。

クルーズ<2138> 2159 -456
15年4-12月期は営業利益18%減で着地。

フュトレック<2468> 641 -107
今期は黒字転換見通しも15年4-12月期の赤字継続を嫌気。

ジェイテック<2479> 288 -42
注文支援システムの特許取得で前週急伸した反動続く。

ADWAYS<2489> 503 -67
16年3月期の大幅減益見通しを受けて下値模索。

雑貨屋BL<3331> 230 +50
アクサスとの経営統合を材料視した買いが継続。

SOSEI<4565> 10400 -1190
相場全体の地合いに連れ安。25日線近辺での攻防に。

GMO-AP<4784> 499 +80
16年12月期の大幅増益・復配見通しを好感。

MRT<6034> 2140 +48
引き続き「ポケットドクター」への関心高い。

タツモ<6266> 1520 +260
15年12月期業績の上方修正を好感。

《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均