9435 光通信 東証1 15:00
16,130円
前日比
-100 (-0.62%)
比較される銘柄: ティーガイアコネクシオソフトバンク
業績: -
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
24.9 3.77 1.82 1.79

銘柄ニュース

戻る
2016年11月14日12時55分

光通信は後場値を崩す、2ケタ増益達成も出尽くし売り

 光通信<9435>が後場ウリ気配で始まるなど、前場から一転大きく売り込まれる展開に。同社がきょう前場取引終了後に発表した16年4~9月期の連結決算は、売上高が2058億6700万円(前年同期比4.3%減)、営業利益201億4300万円(同14.1%増)、最終利益193億9700万円(同13.6%増)だった。携帯販売事業が会社側想定より好調だったことなどから、減収ながらも2ケタ増益を達成した。しかし、市場では株価に織り込み済みでサプライズに乏しく、出尽くし売りにさらされる格好となった。

 なお、17年3月期の連結業績予想については売上高のみ、3900億円から4100億円(前期比28.6%減)へ増額修正したがインパクトは限定的だったようだ。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

最終更新日:2016年11月14日 13時02分

【関連記事・情報】

日経平均