9435 光通信 東証1 15:00
10,000円
前日比
-180 (-1.77%)
比較される銘柄: ティーガイアコネクシオソフトバンク
業績: -
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
15.5 2.88 2.31 2.75

銘柄ニュース

戻る
2016年07月20日11時01分

光通信、国内大手証券は携帯端末販売は伸び悩むもウォーターサーバー事業などが利益を支えると指摘

 光通信<9435>が小幅続伸。一時、弱含む場面があったものの、現在はプラス圏で推移している。

 国内大手証券では、総務省通信政策の影響で携帯端末の実質店頭価格が上昇、携帯販売台数は減少が続くと指摘。個人や法人向けの携帯端末販売事業の利益は伸び悩むものの、携帯コンテンツ、ウォーターサーバー事業、業種別ソリューションが全社利益を支えるとみて、レーティング「ニュートラル」、目標株価9200円を継続している。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均