9369 キユーソー流通システム 東証1 15:00
2,759円
前日比
+15 (+0.55%)
比較される銘柄: 三井倉HDトランコム住友倉
業績: 今期予想
倉庫・運輸
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
12.6 1.01 1.59 0.80

銘柄ニュース

戻る
2017年02月24日07時15分

前日に動いた銘柄 part1:ヤマトHLDG、国際帝石、サイバーエージェントなど


銘柄名<コード>⇒2月23日終値⇒前日比

メドレックス<4586> 678 +100
医療用「針」で米特許取得。

モバファク<3912> 3290 +501
新作ゲームの事前登録を開始。

国際帝石<1605> 1145.0 +18.0
イラクで油層の発見に成功。

第一生命<8750> 2206 -26.5
長期金利低下で利食い優勢。

デザインワン・ジャパン<6048> 3015 +172
月末に株式分割を控える。

ヤマトHLDG<9064> 2454 +179.5
宅配総量抑制による収益性改善期待。

ファインデックス<3649> 1071 +59
前日に一目均衡表の雲を上放れる。

AGS<3648> 2052 +135
スマホアプリ開発企業と業務提携を引き続き材料視。

サイバーエージェント<4751> 3190 +160
国内証券で格上げの動き。

パンチ工業<6165> 1137 +78
子会社による営業拠点開設を引き続き手掛かりに。

田淵電機<6624> 374 +22
決算を嫌気した売り一巡で見直しの動き。

ライク<2462> 2573 +98
介護離職防止に向けたサービス広がる。

サイネックス<2376> 1233 +77
地域活性化への思惑。

イノテック<9880> 755 +23
連日の昨年来高値更新。

RS Technologies<3445> 5790 +380
短期調整一巡で業績再評価の動き。

キユーソー流通システム<9369> 2760 +109
ヤマトHDの報道を受けて物流関連への物色。

セイノーHLDG<9076> 1340 +65
ヤマトHDの宅配総量抑制で思惑。

ハマキョウレックス<9037> 2173 +85
物流関連への物色が波及。

アルプス技研<4641> 3320 +150
業績評価の動きが継続。

三井造船<7003> 188 +7
国内証券で格上げの動き。

SMC<6273> 33200 +1740
欧州系証券で目標株価引き上げ。

ダイトロン<7609> 1061 +78
調整一巡感からのリバウンドで昨年来高値接近。

日本管理センター<3276> 1426 +26
余剰金の配当を決議。

バリューコマース<2491> 410 +24
昨年7月以来の400円回復。

ニチバン<4218> 996 +30
25日線を支持線にリバウンド。

ゲンキー<2772> 6730 +320
花粉シーズンでマスク需要期待。

《SK》

 提供:フィスコ

日経平均