9202 ANAホールディングス 東証1 15:00
314.7円
前日比
+1.0 (+0.32%)
比較される銘柄: JALSFJパスコ
業績: 今期予想
空運業
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
13.8 1.35 1.91 1.18

銘柄ニュース

戻る
2015年09月30日13時33分

ANAが上げ幅を縮小、欧州大手証券は目標株価415円で買い推奨開始

 ANAホールディングス<9202>が上げ幅を縮小。買い優勢で始まり、高いところでは前日比9.1円高の342.1円まで上昇。その後は上げ幅を縮小しているものの、プラス圏で推移している。
 ドイツ証券では、「中国人観光客の伸びが鈍化するとの懸念から株価が下落した」と指摘。それでも、同社の予約動向は大きな影響を受けていないことから、「こうした懸念は根拠がない」との見方で、燃料価格の下落も利益に寄与するとしている。
 16年3月期の営業利益は55%増加、株価見直しの主要カタリストになるとみて、レーティング「バイ」、目標株価415円でカバレッジを開始している。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均