9201 日本航空 東証1 15:00
3,444.0円
前日比
+47.0 (+1.38%)
比較される銘柄: ANAHDSFJパスコ
業績: 今期予想
空運業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
7.8 1.41 5.68

銘柄ニュース

戻る
2016年03月03日14時47分

原油価格の上昇でJAL、ANAが下落、国内大手はバリュエーションは依然魅力と

 原油価格の底打ちの兆しが見え始めたことで世界の投資家はリスクオン入り、各国の株価指数は上昇している。一方、原油価格の上昇がデメリットになる航空機関連は株価が軟調。

 JAL<9201>とANAホールディングス<9202>は全面高の相場で株価が下落、原油価格上昇が燃料コスト増になるとの見方で売り手掛かり材料となったようだ。

 ただ、国内大手証券SMBC日興証券では、「人件費増で増益率は低いがバリュエーションは依然魅力」としてJALの目標株価を5400円から4600円へ引き下げるも、レーティング「1」を継続。ANAホールディングスの目標株価は360円から310円に引き下げるも、レーティング「2」を継続としている。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均